事業アイディアのブレインストーミング

事業や課題解決のアイデアを得るには、頭の切れるメンバー3〜6名でのブレーンストーミングが有効。

 

1時間半から最大でも2時間を目途とする。

 

必要に応じ、数回に分けて行う。

 

他の人の発言が想像力を刺激し、さらにアイデアが湧くわいわいした雰囲気、
活発な意見交換の場となるよう、ファシリテーター(社長あるいは指名された別のメンバー)が盛り上げていく。

 

アイデアはホワイトボードにどんどん書きとめていくが、
発言者の言葉づかいをできるだけ活かして表現する方が発想をより刺激する。

 

一まとまりごとに、内容を確認する世の中で困っていること、切実なニーズがあること、
これまで解決できていない重要課題などで、我々に解決できそうなことは何か?

 

世の中で困っていること、ニーズが大変大きいこと

 

今までにないもの、人ができなかったこと

 

社会的な意義、インパクトが大きいこと

 

技術的に画期的なブレークスルーが考えられること

 

上記に加え、

 

製品・サービスが飛ぶように売れる理由がはっきり言えること

 

誰が顧客か、どうすれば購入決定につながるか、はっきり見えること

 

購入時のバリヤー、抵抗、手間があまりないこと. . . メリットが大変大きい製品やサービス

 

優れた企業をうまく活用する、彼らの生命線でもあるので真剣に協力してもらえること

 

【おすすめページ】